2020年12月4日金曜日

体育指導。(ぱんだ・きりん・ぞう組)

 ぱんだ組さんから順番に体育指導を受けました。

まずは準備体操で、「たいようサン」。

体が温まったら、次は跳び箱。

最後に「中当て」をしました。




先生が輪の外からボールを転がし、

そのボールに当たらないように輪の中で逃げ、

当たった人は輪の外に出ます。

キャーキャー言いながら逃げ回り、

とても楽しんでいました!

 

次は、きりん組さん。

準備運動として「もろこーし」でリズム体操。

体をほぐした後は、鬼ごっこ「バナナ鬼」!


緑のゼッケンを付けた「鬼」にタッチされると、
「バナナ」になってしまうというゲーム。

バナナになっていない人にタッチしてもうと、

元に戻れるというルール。

「バナナ」にされた人は、「バナナ!」と

大きな声で叫んで、両手を頭上で合わせて

可愛いバナナに変身していました🍌

その後は、長縄とボール投げをしました。

 

最後は、ぞう組さん。

「もろこーし」でリズム体操をして、

鬼ごっこ「ダンゴムシ鬼」!

鬼に捕まりそうになったら、ダンゴムシになれば

捕まらないけれど、動けないというルール。

他の人にタッチしてもらえたら、動けるんだ~。

チームワークが大切なゲームです。

ダンゴムシ鬼の次は、短縄。

みんな頑張って練習しているようで、

連続で10回以上出来る子たちが続出。




みんな、頑張り屋さんです💪

その後はキャッチボールをし、
最後に「中当て」。

ぞう組さんになると、中当てのボールは宙で受けます!

初めは人数が多いので、円の中で逃げるのも一苦労。

逃げるだけではなく、キャッチボールを練習している

成果を見せて、受けることにチャレンジする子も!

さすが、ぞう組さんですね🐘

今日も楽しく元気に体育指導が終わりました😄

【コロナウイルスに感染した際の事例】

  <令和4年12月22日現在の条例を基に記載> コロナウイルスに園児または同居する家族が 感染した際の濃厚接触者の自宅待機期間を 尼崎市保育管理課に確認したところ、 各ケースによりかなり違いがあることが 分かりました。 各ケースでの事例を掲載しておきます。   ★家族内で感染者...